Hiroshima Ruby Conference 2016開催報告

イベント概要

Ruby AssociationとHiroshima.rbの共催でHiroshima Ruby Conference 2016を実施致しました。

日時
2016年3月5日 (土)13:30~17:00
開催場所 広島マツダビル3F(広島市中区幟町13番4号)
公式サイト http://hiroshima-ruby-conf.me/
Twitterタグ #hiroshimarb
参加者
40名

当日は広島だけではなく、東京、沖縄(すごい!)から来場された方も。

会場イメージ写真 

 

まつもとゆきひろ(基調講演)

Rubyの誕生から現在に至るまでの経緯を秘話を含めて講演しました。
講演後には、Perl5、Perl6を例にして、次世代のRubyに対する構想について質問がありました。

matz

 

@takatayoshitakeさん 

講演タイトル: 広島IT勉強会カレンダー(仮)はRubyを使っています

Hiroshima.rbではUstreamなど配信業務を主に担当されています。
またTシャツコレクターでもあり、Hiroshima Ruby Conferenceのロゴをアイロンプリントで貼り付けたシャツで登場してくれました。

3 

 

藤田静男さん

講演タイトル: iOS、AndroidアプリをRubyで

Hipbyte社でRubyMotionの開発に携わる藤田さん。

「RubyMotionはiOS向けというイメージが強かったです」(会場)
「RubyMotion3.0からはAndroidもサポートをしている。スタータープランは無料で利用できるので、ぜひDLして遊んでください」(藤田さん)
 
RubyMotionのダウンロード
  http://www.rubymotion.com/jp/download/

hujita

 

休憩時間

休憩時間に参加者で記念撮影。

集合写真

Lightning Talks

オープンデータデイ

3月9日は世界オープンデータデイということで、Hiroshima Ruby Conference 2016もオープンデータデイに参加しました。
Lightning Talks前半戦では、広島市情報政策課岸本さんとHiroshima.rbのひむらさんによるオープンデータ関連のLTをおこないました。

LightningTalks  LihgtningTalks2 

  

LT後半開始

優しいタイムキーパが時間管理をする中で後半戦。

LightningTalks 


頼地直美さん
RailsGirls岡山の参加をきっかけにプログラミングの勉強を開始。
「RailsGirlsに友達に誘われた時は電車のイベントに参加するのかと思ってました」(頼地さん)

 LightningTalks

 

北䑓如法さん
バルス祭りにRubyで作ったbotスクリプトで参戦。

LightningTalks

 

窪田遼太朗さん
営業として働く窪田さん。
自らRubyスクリプトで営業ツールを作り広島支社営業成績を34%向上させました。

 LightningTalks



Rubyクイズ

Rubyグッズを景品として開催されたRubyの雑学クイズ。

rubyクイズ

 

柿木勝之さん

講演タイトル:広島でのRuby普及の現状と課題
広島でのRuby普及に対する鋭い考察を発表していただきました。

柿木勝之さん 

 

ぶっさきまさひろさん

講演タイトル:新Tremaのご紹介
ぶっさきさんも開発に携わるSDN/OpenFlowのフレームワークであるTremaについての発表

ぶっさきまさひろ

 

イベントを振り返って

広島でのRubyイベントは久しぶりということで開催に対して不安もありましたが、発表内容、参加人数共に非常に成功したイベントとなりました。広島の参加者様は、仕事ではもちろんのこと、個人用途のプログラムやOSSの活動で積極的にRubyを活用しているという人が多かったです。

Hiroshima.rbの関係者を含め開催に協力いただいた皆様に改めて御礼申し上げます。