事例一覧に戻る

Rubyプログラミング少年団

   logo

「プログラミングで何ができるのかをまずは、大人が子供以上に深く理解して、その可能性を知って欲しい。そして、保護者が子供のプログラミングを学びたいという意思を尊重できる環境を作りたい」

子供達にプログラミングの楽しさを教える。

ニーズおよび解決したかったこと

  • 青少年向けのプログラミングツールの作成とワークショップの運営
  • 楽しみながらプログラミングを学べる環境


事例の詳細はこちら

事例概要

組織名
Rubyプログラミング少年団
活用分野
プログラミング教育

ホームページ
http://smalruby.jp/