認定制度

Rubyアソシエーションでは、Rubyに優れた人材と企業を認定することで、今後さまざまなruby言語の普及と発展に取り組んでいます。
認定については、技術者個人向けのRuby技術者認定試験と、企業向けのRubyアソシエーション認定システムインテグレータプログラム・Rubyアソシエーション認定教育機関プログラム・Rubyアソシエーション認定サポート事業者プログラム・Rubyアソシエーション認定クラウド事業者プログラムがあります。

Ruby技術者認定試験制度

Ruby技術者認定試験制度は、Rubyベースのシステムを設計、開発、運用するエンジニア、Rubyでシステム提案を行うコンサルタント、Rubyを教える講師などを対象とした認定試験制度です。

詳しく見る

Ruby技術者認定試験制度

Rubyアソシエーション認定システムインテグレータプログラム

Rubyアソシエーション認定システムインテグレータプログラムは、Ruby によるシステム開発を行う企業を対象とした認定プログラムです。

詳しく見る

システムインテグレータ認定制度

Rubyアソシエーション認定教育機関プログラム

Rubyアソシエーション認定教育機関プログラムは、Ruby の教育を行う教育機関を対象とした認定プログラムです。

詳しく見る

教育機関認定制度

Rubyアソシエーション認定サポート事業者プログラム

Rubyアソシエーション認定サポート事業者プログラムは、Ruby のサポートサービスを提供する事業者を対象とした認定プログラムです。

詳しく見る

サポート事業者認定制度

Rubyアソシエーション認定クラウドサービス事業者プログラム

Rubyアソシエーション認定クラウドサービス事業者プログラムは、Ruby アプリケーションの運用に適したクラウドサービス(IaaS、PaaS)事業者を対象とした認定プログラムです。

詳しく見る

クラウド事業者認定制度