助成金制度

Rubyアソシエーション開発助成金

Rubyアソシエーションは、Ruby処理系、ライブラリ及びフレームワーク等に関連した下記のテーマについて開発プロジェクトを募集し、助成金を交付しています。

開発助成金が始まった2011年以降、多くのプロジェクトが本助成金の支援を受けて開発を行ってきました

現在では1年に1度公募を行っています。
2016年度実績は以下の内容で募集をしました。

過去のRubyアソシエーション開発助成金のプロジェクトは以下をご覧ください。

募集する開発テーマ

  • Ruby処理系の改善(高速化、省メモリ化等)
  • 科学技術計算分野におけるライブラリ等
  • Ruby開発支援ツール(デバッガ、プロファイラ、静的コード解析ツール等)
  • Web関連技術(HTTP・HTML等のWeb関連のライブラリやWebアプリケーションフレームワーク等)
  • 業務システム向けツール(帳票出力やバッチ処理、他言語からの移行支援ツール等、業務システム開発で必要となるツール)

助成金額

1つの応募プロジェクトにつき 50万円(固定)

応募資格

任意の個人及び団体が提案を応募できます。

選考プロセス

助成委員会が提案を査定します。応募結果にもとづいて、最大3つのプロジェクトが採択される予定です。

選考基準

プロジェクトの選定は、以下の基準に基づいて行われます(順不同)。

  • Ruby及び周辺環境の生産性及び性能に対する効果
  • プロジェクトの独創性及び創造性
  • プロジェクトの実現可能性

過去のRubyアソシエーション開発助成金のプロジェクトは以下をご覧ください。

助成金成果報告

その他助成

開発助成金以外の助成を希望する場合は直接メールにてお問い合わせください。