「オンラインセミナー 〜プログラミングで可能性の扉を開こう〜」 開催のお知らせ

下記のとおり「オンラインセミナー 〜プログラミングで可能性の扉を開こう〜」を開催します

日時: 2021年11月9日(火) 17:00 〜 18:10
参加費: 無料

[タイムテーブル]
17:00〜17:05: 『開会挨拶』 前⽥ 修吾/一般財団法人Rubyアソシエーション 事務局⻑
17:05〜17:35: 『講演』 加藤 將倫/株式会社Progate 代表取締役
17:35〜17:50: 『インタビュー①』 三橋 優希/N⾼等学校
17:50〜18:05: 『インタビュー②』 ⽯原 爽・⼭本 崇⼈/松江⼯業⾼等専⾨学校
18:05〜18:10: 『閉会挨拶』一般財団法人Rubyアソシエーション
※『インタビュー』は中⾼⽣国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka においてクリエイティブ部⾨・ゲーム部⾨でそれぞれ最優秀賞を受賞された⽅々にインタビュー形式でお話いただきます。

講演者

加藤 將倫 氏

株式会社Progate(代表取締役)
⼩中学校時代をオーストラリアのパースで過ごす。東京⼤学⼯学部在学中の2014年7⽉にオンラインプ ログラミング学習サービスのProgateを創業。『Forbes 30 Under 30 ASIA 2018(Forbesが選ぶアジアを代表する30才未満の30⼈)』に選出。


インタビュー

三橋 優希 氏

N⾼等学校
⼩学校⾼学年でビジュアルプログラミング「Scratch」と出会い、様々な作品を作ってきた。2018年にはRuby on Railsを⽤いてプロジェクトを開発し、U-17⼈材育成事業「未踏ジュニア」のスーパークリエータに認定。現在は、Webアプリケーションの開発や教室講師としての活動を⾏っている。著書に『できるキッズ スクラッチでゲームをつくろう!楽しく学べるプログラミング』(インプレス)がある。
※第10回中⾼⽣国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka クリエイティブ部⾨最優秀賞受賞


⽯原 爽 氏

松江⼯業⾼等専⾨学校
⼩学⽣の頃「Smalruby」の教室でプログラミングと出会う。中学では、部活を頑張ったり、体育祭でデコレーションで1位を獲得したり。⾼専に⼊り本格的にプログラミングを始める。⾼専の授業ではC⾔語などを勉強しながら、⻑期休みの間にゲーム開発などを⾏なっている。
※第10回中⾼⽣国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka ゲーム部⾨最優秀賞受賞


⼭本 崇⼈ 氏

松江⼯業⾼等専⾨学校
松江⾼専在学中。⼩学⽣低学年のときにロボットプログラミングに出会い、中学⼊学後はRubyを使いWebアプリケーションを開発、ビジネスコンテストで優秀賞を受賞するなどした。現在はオープンソースプロジェクトを⽴ち上げるなど、活動の幅を増やしている。
※第10回中⾼⽣国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka ゲーム部⾨最優秀賞受賞


詳細は申込サイトからお願いします。

◆情報は随時更新致します。